ラクトフェリン、貧血に効くから止められません(笑)

女性の貧血

女性の貧血で原因となるのが多いのが、鉄欠乏性貧血です。女性の20%は貧血を持っており、その多くは鉄分が不足するためになります。


鉄が不足するのは?

女性は生理があるため鉄を失いやすくなります。生理は子宮内膜と一緒に血液も失いますから、毎月生理がある女性はどうしても貧血が起こります。女性のほとんどは鉄欠乏性貧血ですから、鉄分を補う努力をすれば貧血は改善できます。

鉄分が不足すると?

鉄分が不足すると、ヘモグロビンが足りなくなります。ヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ役割があるため、鉄欠乏性貧血では体が酸欠状態となり、息切れや動悸が起こります。酸素を少しでも多く全身に運び、酸欠状態を改善しようとして、血流が多くなり肺や心臓に負担をかけてしまいます。

食生活も影響する?

鉄欠乏性貧血の場合、食生活でも不足すると考えられています。妊娠中や授乳中の方は、たくさんの栄養分が必要となり、母体が貧血を起こすことがあります。ほかにも無理なダイエットを続けている方にも見られるため、食事の影響は高いといえるでしょう。食事から鉄分を多く摂取しなければ、ヘモグロビンの材料が不足してしまうのです。

鉄は吸収しにくい

鉄欠乏性貧血は、食生活が乱れていない場合でもなることがあります。鉄はもともと体に吸収しにくい性質を持つため、バランスの良い食事を心がけているようでも、不足することがあるのです。


ベジタリアンだと貧血になる?

植物にも鉄分は含まれます。しかし植物性の食品に含まれる非ヘム鉄は吸収率が低くなっています。そのためベジタリアンの方は鉄分が不足する傾向にあり、貧血になってしまうことがあります。動物性食品にはヘム鉄が含まれており、植物性と比べて5〜7倍と大きな吸収率の違いがあります。ダイエット中の方もヘム鉄の摂取量が少なければ、貧血を起こすため注意しましょう。

鉄の吸収率を高めるには?

鉄の吸収率を高めるには、一緒に摂取するとよい食品を組み合わせる必要があります。ビタミンC、たんぱく質、クエン酸、リンゴ酸などと相性が良いため、酸味があるものや野菜、肉や魚などもおススメ食品です。非ヘム鉄は吸収率が悪いため、たんぱく質が多いヘム鉄を含む動物性食品も組み合わせましょう。

偏食は貧血になる

偏食する方は当然鉄分の吸収率が悪くなるため、貧血を起こしやすくなります。食品は動物性や植物性にこだわらず、バランスよく食べましょう。

こんな人は鉄が足りない

鉄分はもともと吸収率が低いのですが、さらに食生活により吸収率が低下します。吸収率を下げる特定の食品ばかりを食べる方は、バランスの良い食事をしているつもりでも、鉄が足りない可能性があります。

 

お茶をよく飲むのですが?

お茶やコーヒーに含まれるタンニンは、鉄の吸収を阻害します。食事中にお茶を飲むのもできるだけ避けるようにしましょう。鉄やタンニンと結合しやすく、水に溶けにくくなって、腸から吸収しにくい形になってしまうのです。

ほうれん草は貧血に良い?

貧血対策にはレバーやほうれん草が良いと聞いたことはないでしょうか?実はほうれん草に含まれるシュウ酸には、鉄の吸収を妨げる働きがあるのです。ほうれん草自体は貧血対策にはなりますから、よく湯がいてアク抜きをしてから食べるようにしましょう。

穀類が好きで良く食べるけど?

穀類だけの食事は貧血対策におすすめできません。穀類に含まれるフィチン酸は、鉄と結びつく性質があります。鉄とくっつくと腸からの吸収が悪くなり、十分な鉄分を摂取しても効果が半減します。穀物が好きな方は動物性たんぱく質や野菜と組み合わせるようにしましょう。肉や魚などと一緒に食べることをおすすめします。

ラクトフェリンと鉄の関係性

ラクトフェリンの健康食品のなかには、鉄を入れている商品を見かけることがあります。これはちゃんと意味があることで、相乗効果を高めて貧血予防の効果をプラスするためです。

 

ラクトフェリン+鉄のヨーグルトとは?

ラクトフェリン入りヨーグルトは、ヨーグルトの乳酸菌とラクトフェリン、鉄分と3つの成分を一緒に摂取できます。毎日食べるだけでこれらの成分が摂取できて、相乗効果を高めることができます。乳酸菌とラクトフェリンは整腸作用を持ち、ラクトフェリンは鉄と結びつきやすいことから、鉄の吸収率を高めているのです。普通に鉄を摂取しても腸から吸収しにくいのですが、ラクトフェリンと鉄分を結合させた方が取り込みやすくなります。

ラクトフェリンの吸収率は?

食品の成分のなかでもラクトフェリンは吸収率が良くなっています。もともと母乳に含まれる成分で、食品から摂取すると腸から吸収しやすい成分です。この働きを利用し、吸収率が悪い鉄分の取り込みを良くすることができます。鉄だけを摂取した場合を100とすると、ラクトフェリンを加えた場合は120近くまで吸収率を上げられます。

鉄とくっつくと?

ラクトフェリンが鉄とくっつくと、鉄分の吸収率を上げるだけではないのです。細菌も鉄と結合しやすく、菌が増殖する環境をなくしてくれます。

 

ラクトフェリンについてもっと知る!

ラクトフェリンに加えると優しい

ラクトフェリン入りの食品に、別途鉄分を加えることで、体に優しい食品になります。もともと鉄は胃壁に問題を起こすことがあるのですが、ラクトフェリンと結合させることで胃にも優しくなるのです。鉄剤で胃が荒れてしまった方にも、ラクトフェリン+鉄はおすすめできます。

 

鉄剤で胃が荒れるのですが?

鉄剤のみではどうしても胃壁に影響を及ぼしやすいため、胃が弱い方にはラクトフェリンと鉄分を組み合わせた食品がおすすめです。ラクトフェリン入りヨーグルトや牛乳などに別途鉄を加えた食品があります。これでしたらラクトフェリンが鉄と結合し、胃に直接影響を与えることはなくなります。

ラクトフェリン+鉄の優しさとは?

雪印メグミルクが実験したところ、ラクトフェリンと鉄を組み合わせたものは、胃荒れを起こさないことがわかりました。鉄成分のなかで吸収率が高い硫酸第一鉄を投与したマウスでは、胃の細胞に壊死が見られました。胃に優しいことから、ピロリ菌保菌者で胃が弱い方にも、ラクトフェリンと鉄の組み合わせは良いでしょう。ピロリ菌を持っていると胃に炎症がおきやすくなるため、鉄剤を摂取するならラクトフェリンと組み合わせることをおすすめします。

 

ラクトフェリンの情報サイトをチェック

参照リンク

ラクトフェリンについて・・・ラクトフェリンサプリの選び方、徹底比較、ランキング、体験レポートなど
ラクトフェリンの効果10選|サプリがもっとも効果的であーる。・・・ラクトフェリンには驚きの効果がたくさん! ラクトフェリンサプリメントを正しく選んで悩みを解決しましょう!